Business Domain

事業内容

高度化・多様化するお客様の
ご要望に応える幅広い事業体制

私たちサンヨー株式会社の特徴のひとつは、幅広い事業領域にあります。機械の駆動に欠かせない空圧・油圧部品の販売会社として1972年に創業した当社では、お客様のご要望に応える形で4年後の1976年に金属部品の切削加工に着手。モノづくりの会社としてのスタートを切りました。以来、「ノーとは言わない」企業ポリシーのもと、樹脂金型の設計・製作や射出成形、樹脂部品の切削加工、超精密金属加工、板金・組立、さらには介護事業など積極果敢に事業領域を拡大してきたのです。
しかも、いずれの事業においても、最先端技術の確立に積極的に取り組んでいます。最新のCAD/CAM/CAEや同時5軸マシニングセンター、三次元レーザー加工機など、先端設備を導入するとともに、複数工程を担当できる多能工やお客様に技術提案ができる技術者を育成。幅広いモノづくりの領域で、高度化・多様化するお客様のご要望に的確かつスピーディに応える事業体制を構築しています。

  • 1精密加工事業部

    チタンやインコネル、ハステロイといった難削材の精密加工を得意分野としています。豊富な経験と最新加工技術との融合に加え、お客様のニーズの変化に柔軟に対応し、常に最新の加工機や検査機の導入などに積極的に取り組むことで、技術の向上、そして「高い品質」を目指しております。

  • 2射出成形加工事業部

    製品サイクルの短縮化や競争の激化に対応するため、樹脂成形の分野においても少量多品種生産をはじめとしたニーズの多様化や高度化が進んでいます。当社では、長年にわたって樹脂成形における技術ノウハウを蓄積するとともに、品質の要となる金型の設計・製作から成形加工までの一貫体制を構築。半導体製造装置やケミカルポンプ等で使われる高い耐熱性や耐薬品性を持つ高機能樹脂の成形においても、品質・コスト・デリバリー・付加価値全ての面でお客様の要望にしっかり応えているほか、航空分野にも進出しています。

  • 3樹脂切削加工事業部

    半導体や医療機器、自動車といった最先端分野では、高度化するニーズに応える製品の小型軽量化が大きなテーマのひとつになっていることから、強度に優れ耐熱性のような特定の機能を強化したエンジニアリング・プラスチック部品の採用が進んでいます。当社では、金属の超精密加工や樹脂の射出成形で培った技術ノウハウを融合させることで、樹脂の切削加工事業に進出。今日では、24時間空調を施した恒温工場を備え、フッ素樹脂やスーパーエンプラといった切削加工が難しいと言われる樹脂素材の高精度加工を実現しています。

  • 4板金加工事業部

    部品加工だけでなく、装置機械の製作まで一貫して手掛けてほしいというお客様企業の要望に応えるためにスタートした事業です。今日では、タレットパンチプレスやレーザー加工、タップ加工が一台でできる高性能な複合機を導入するとともに、薄肉製品における高度な溶接技術を身に付けた熟練技能士による板金加工技術を確立。半導体製造装置や医療機器といった一品仕様の装置機械の製作において、高品質の製品づくりを行っています。

  • 5神流川事業部

    高精度の機械加工から板金加工、さらには組立までの一貫した生産ノウハウを持つ当社の特徴を生かし、2007年、神流川工場に開設した事業部です。クリンリネスの保たれた工場内には、高レベルのクリーンルームを設置するとともに、協働開発した複合多軸加工機も導入。難削材における多品種小ロットの単体部品加工から、医薬品の検査装置や半導体製造装置といった高品質・高精度が求められる機械装置の設計・製作までフレキシブルに対応しています。

  • 6介護事業部

    成長を支えていただいている地域社会に貢献するため、2002年に立ち上げた事業部です。培ってきた事業ノウハウや技術力を活用することで、オンリーワンの福祉用具づくりやサービス提供を目指しています。例えば、ADL(Activities of Daily Living)向上や事故予防、介護負担軽減を実現するオリジナルの「ぺったんこベッド」を自社開発したのも、その一環です。今日では、介護用ベッドからマットレス、車椅子、歩行器、つえなど、さまざまな福祉用具のレンタル・販売を行っているほか、利用者様に対する毎月のモニタリング・サービスを実施。日々変化する利用者様の身体状況に合わせた用具の調整を行っています。